読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160730

 

 

 

 

 

 

サモに言われて気付いた。私自分のこと見失ってた。深呼吸が大事だね。前を向いているのか後ろを向いているのかわからなくなって、自分の中の時空がグシャグシャになって。ストレスなんて言葉に詰め込まれてしまうのは大変に悲しいけど、得体の知れない何かがいつも頭にまとわりついているからうまく言葉で言い表せないけどグエエってなる。自分の作品撮って考えて描いて、欲しいもののために頑張って、楽しみにしていることばっかり考えて、自分の言葉で何かを伝えて、中野ブロードウェイに自分の基地を作って、そんな未来のためにごめんなさいとありがとうを何回も言う。貪欲に生きたい。自分のことを見失いたくない、友達から愛されたい、家族を大事にしたい。群青色の朝の色夕方の色。お姉ちゃんの匂い。嫌でたまらないコンプレックス。明るい未来しかないはずなのに。

 

 

広告を非表示にする

2016 7 4


お嫁においで 2015-加山雄三 feat PUNPEE

 

 

 

もうなにもわからナ〜イ

 

 

 

 

 

恋人が出来たって前の記事で書きましたけど本当は出来ていません。嘘です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロン毛でガリガリでフラフラしてて性欲がない色の白いロボットなんているわけがない。私はいつも脳内に映像を流し続けているわけだけれども今までいろんなことをカラダに記録して理想など所詮理想ということを分かりきった上で理想を口に出して他人にせせら笑われている。歯の浮くような言葉や嘘を交換しあって喧嘩をして呆れて呆れられてどんな風に笑えばいいかどんな風にへそを曲げればいいかなどを学ぶ日々に疲弊。どうしたいいのなんて聞くな自分に。

 

ロン毛ガリガリイケメン

高円寺在住

しょうちゃんのような雰囲気(へらへらふらふら)

家に冷蔵庫はないが水タバコはある

 

最高じゃん!付き合お?結婚しよう?ばかばかしい。なにが私を満たすんだ、なにをすれば満足なんだ、頭の思考を他人に漏らしてなにが生まれるんだ、それが伝染して私の評価を◎△×に変えてしまうだけだろうが。そばにいるだけでいいよなんて嘘だ。嘘で何が悪いんだ。こうしているうちにも私、細胞死んでってるのに、無駄だ無駄だ〜〜〜〜〜〜こわい。

 

綺麗な花見て綺麗だなんて思うだけのような。仕事終わりに疲れたから疲れたって口に出すだけのような。平々凡々な心と顔面。お風呂に入ってご飯を食べて煙草を吸って歯磨きをして寝て起きて電車に乗って仕事をして。サクサク進むね。時間は消耗するけど回復するね。遊びにいくよきみの家に。帰りに少し寂しくなって、一年前のこと思い出して昔の自分が愛おしくなってクソクソ〜〜〜ってなって、ああ寝よう、おやすみって言う人いないけどおやすみって言って、朝起きて死ぬ気で支度して、駅に着くまでの道でしのうかなあって思ったりして、電車のって頑張ろうってなって会社の最寄り駅に着く寸前で帰りたくなって、そのタイミングで気になってる人からおはようって連絡が来て、おはようって返す間に会社について、仕事して生きてる意味分かんなくなってそれでも必死こいて判断して行動して、疲れて、おうちかえって、誰かに会いたくなって、お風呂入ってご飯食べて煙草吸って。また遊ぼって言って。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく私はもうハゲ・坊主・馬鹿・箸の持ち方イカレてるやつ・靴のかかと踏むやつ・童貞こじらせてるやつとは付き合わないから安心してね。何が何でも性格とかどうでもいいからガリガリロン毛と付き合うからね。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

2016 6 5

f:id:zukonoencho:20160605224026p:plain

 

 

 

 

 

 

恋人が出来た。

 

 

 

 

 

 

「セックス出来なきゃ付き合う意味ないよ」って言われたら、どうしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

2016 5 30

f:id:zukonoencho:20160530234415j:plain

 

 

 

 

 

ああそうか、ほんの一年くらい前は、なんつーか、眠り込んでたんだな

 

 

 

壁にぴったりくっついて、自分の体温を感じるように、クソみたいな毎日を確認、納得をしている。暑い昼間はすぐにすぎて、不思議と夜は雨が降る。お腹が減るからご飯を食べる。明日のことを考えて眠るとき、テスト期間中の焦燥感を思い出す。

 

おまえはだれだ!ばかばかばか。きもいきもい!私は男の人だいっきらいだ、目が怖いんだ、なにも求めるな。愛だ恋だなんだーそーりゃー 

 

 

 

どっかにいけ、てんごくへいけ

 

 

 

広告を非表示にする

2016 5 5

f:id:zukonoencho:20160505014001j:plain

 

 

マニキュアが剥がれぼろぼろになってゆく爪の中に、私を見た。

 

 

 

じっとりと時間は過ぎ、四月が終わった。ひとときの休暇も終わりを迎えようとしている。実家へ帰り、母の変わらぬ愛情を受け私は子供に戻った。いつまでもここにいたいな、なんて思いながら心で泣き東京へ戻った。東京では何人かの友達が笑っていて、ちゃんと私のことを覚えているようで一安心した。

 

職場には馴染めない。自分の要領の悪さ、根の暗さに毎日絶望する。鋭利な言葉が突き刺さる。冷たい目が重い。同期への劣等感で息がしづらい。仕事以外の日常が幸せすぎてのうみそのバランスがおかしくなる。コンビニ弁当は冷たく不味い。仕事の話は極力したくない。黒い髪が根暗を助長させているに違いない。

 

部屋が大切なゴミだらけで片付かない。髪の毛がうじゃうじゃ落ちている。私から抜けた何本もの髪の毛が、私のことを馬鹿にしているようで腹が立つ。明るい闇と言われたデスクの上が、私のことを慰める。お姉ちゃんから「明るい闇が深すぎる、明るさへの持っていき方が不自然だ」と言われた。ごもっともだ。しかし自分では自覚していない。きみが高価で可愛いワンピースを一着買うことと同じなんだよ、明るさを保つためにときめくものを集め漁ってしまうのは私の中では至極自然なことなのだけれど。しかし度合いが異常なのだろう。掃除をしていくうちにだんだんとわかってきた。もう掃除をしたくない。現状を突きつけるな、自分を映す鏡に磨きをかけたくはないんだ。

 

日々は過ぎる。肌が荒れることに、生理がくることに、お腹がすくことに、たまたま気付いたような振りをする。

 

通り過ぎる人を羨ましく思う。何も知らないのに羨ましく思う。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

2016 3 28

 

f:id:zukonoencho:20160325223857j:plain

 

 

 

私が憧れる人は、みんな意地悪だ、冷たくて意地悪だ。うす水色がかった灰色のフィルターがかかっている。なんだろうな、あの魅力は。どうしてだろうな、恰好つけてないのに恰好いいんだ。私にフィルターはかかっているのか、なんだか素敵な色のやつをよろしく。

 

youtubebonobosTHANK YOU FOR MUSIC聴いてたら出てきたハナレグミおあいこって曲が出てきて、それ聴いてなんかラッドみてーだな、と思ったら作詞作曲野田洋二郎だったときの私の気持ちがわかるか。りおとも話したが、なんか悔しい気分。ハナレグミだったらどんだけ感動できたことか、心の中のむずがゆさ、わかるか。

 

種類は違うのだけれど、 君が誰かの彼女になりくさっても を聴くとすごく悔しい気分になるんだ。くっそーって。絶対に良い曲なんて思いたくないけど、実際めちゃくちゃ良い曲なんだよ、名曲をひがみに繋げて全然良くねーよ!って言い張る腐れバンドマンの負け犬の遠吠えと同じなんだろうけど。作詞作曲が野田洋二郎だったらよかったのにと思う。嫌いになる理由が欲しい。

 

今日しょうへいくんと久しぶりに会って鹿児島のお土産を献上した。相変わらずちゃらんぽらんで安心した。禁煙を始めたというので驚いた。「けいちゃんに子供が出来たら抱かせてね」と言われた。アル中がうつりそうでこええなと思いながらオッケーオッケーと言っておいたよ。飲みたくもないワイン750mlをシェアするの結構しんどかったけれど、もう会うこともないかもしれないし美味しく頂きました。お互い頑張ろうな。

 

4月になったらいろんな人に会えなくなるのかな。専門の友達に春休み会って、別れ際が妙にあっさりしていることにみんな気付いているのかな。私は本当に悲しくて心では泣いている。みんな冷たくて意地悪だよ、安心させておいて違う道に進んでしまうんだもの、置いていかないでって。3月で今の全てが終わってしまうみたいで怖いから、世界の終わりを待つような気持ちでいるよ。andymoriハッピーエンド の歌詞は真理だ。「ほんとうにまっすぐ歩くなら あのカーブでみんなともはなればなれ」そんなことうたっていても、為せば成るというようなことを言っているわけで、どうなろうとハッピーエンドなのだよ、と小山田壮平に励まされてなんとか一日一日を終えられているわけで。お金がないとご飯が食べられないから仕方ない働くよ。諦めろ諦めろ。そのときの感情は7ヶ月過ぎれば消えちゃうって学んだじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

雑記でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

2016 3 23

f:id:zukonoencho:20160324005131j:plain

 

 

 

 

K氏から素敵なプレゼントを。向井秀徳が描いた安室奈美恵のTシャツ。誕生日と就職祝いに、K氏の使用済みTシャツをくれと言っていたので、本当に嬉しい。「大丈夫だよ、ぼくは一緒だよ」となんとも無責任で優しい言葉をTシャツと一緒に頂いた。

 

バイタリティーがまるで感じられないガリガリのっぽの34歳、どうしても好きだ、とても好きだ。付き合うとか付き合わないの概念がそこには存在していなくて、体の関係がどうだとかそんなものもどうでもいい(きもいきもい)。ただ単純に好きだ。理由とか煩わしいことは聞かないでほしい。私はなにも答えられないよ〜ん

 

 

きみに好きな人はいるかい、この曲聴いて元気出して、愛に意味なんてないよ。

 

 


SUPERCAR - My Girl

 

 

 

 

 

 

 

今はまだ流されていよう。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする